ホームページお知らせお便りコーナー俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィール
Wa☆Daフォトギャラリー  Wa☆Daフォトギャラリー  
2020年5月24日改訂
Login Time
 

 

 

今 日

累  計

昨 日

♪埴生の宿メドレー 尺八:日當鶴山
旅と写真は元気の泉

感動の裸祭CD完成!

華麗なる山笠旋回岡流   北舟

拡大写真(3000X2000)1.18MB

Okanagare, marvelous yamakasa turning.

2000年7月16日開設

三番山北流 〜気合いの宮入り!〜/波折神社(福岡県福津市)

三番山北流 〜気合いの宮入り!〜/波折神社(福岡県福津市)

2020年の日記 〈1-5月〉
wadapho.jp 内検索  
  2018年1月 2018年2-7月 8月 9-12月 2019年1-7月 8-12月 2020年1-5月

「徒然日記」目次


2018年5月24日(日)晴

■■■ DVD写真集「見付天神裸祭」完成! ■■■ 

このたび、2014・2016・2017・2018・2019年の記録を収めた永久保存版DVD写真アルバム「見付天神裸祭」が完成した。(写真添付)

このDVDをMS-Windows対応パソコンのディスク・ドライブに挿入すると、大太鼓、海に帰るなどのBGMが流れるなか、解説文を含む1235枚の画像が5秒毎にディスプレー一杯に映し出される大迫力のスライドショーを楽しむことができる。上映時間は107分である。

画面にはコントローラーが内蔵されていますので、好きなところで止まったり、スキップしたりして、自由に楽しむことができる。

DVDには912枚の原画を含む高精細画像が入っていますので、最大A3サイズまでプリントすることも可能です。1枚2000円でお分けします。

原作: http://wadaphoto.jp/maturi/mituke96.htm   

○ ワダフォト本店
 http://wadaphoto.jp/maturicd1.htm#見附  

○ 和田フォト・ヤフー店
 https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada-photo/14c.html  

○ 和田フォト・ヤフー・オークション
 https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m413703134  

2020年5月17日(日)晴

■■■ 「見付天神裸祭'19」完成! ■■■ 

おそまきながら、先ほど「見付天神裸祭’19」をアップした。

  http://wadaphoto.jp/maturi/mituke96.htm   

 磐田市への旅は、平成21年(2009)以来、今回で11度目となったが、72歳の老齢の身となり、体力の限界を感じたため、今回は、昨年に引き続き、浜垢離だけで取材を切り上げ、和田グループの募集も行わなかった。
 
 見付天神裸祭は、国の重要無形民俗文化財に指定された数少ない裸祭であり、今年の浜垢離は、入道雲をバックに、心に残る素晴らしい体験をさせて頂いた。
  
 4ページ104枚の作品となった。どうか、お時間のあるときに、ごゆるりとお楽しみ頂きたい。(画像添付)

 なお、来年以降も浜垢離だけは参加取材を続けて行きたいと考えていますので、どうかご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。 〈 拝 〉

〜賑わう松原の祭り広場〜 13:22


和田義男
 
OLYMPUS OM-D EM-1

M.ZUIKO DIGITAL

 ED 12-40mm F2.8 PRO


2,037万画素

 2,060枚  25.2GB


撮影 2019年9月4日
 
 

編集後記
 

● 磐田市への旅は、平成21年(2009)以来、今回で11度目となったが、72歳の老齢の身となり、体力の限界を感じたため、今回は、昨年に引き続き、浜垢離だけで取材を切り上げ、和田グループの募集も行わなかった。
 見付天神裸祭は、国の重要無形民俗文化財に指定された数少ない裸祭であり、今年の浜垢離は、入道雲をバックに、心に残る素晴らしい体験をさせて頂いた。
 来年以降も浜垢離だけは参加取材を続けて行きたいと考えているので、どうかご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

★☆★彡

● 一時期、褌の代わりにパンツを認めたことから、伝統の裸褌文化に乱れが生じていたが、保存会の懸命の指導啓蒙により、毎年、装束違反者が減少し ていることは誠に喜ばしい。浜垢離にパンツで参加する人は、まだ、散見されるが、数が減ったように思う。また、西区水陣が模範となって、ガイドブックに従った腹巻なしの前袋式六尺褌(水褌)姿が確実に増加していることは間違いなく、とても嬉しいことだと思う。
 

  
謝 辞
 このたびは、見付天神裸祭の取材にあたり、随所で歓待を受けたばかりでなく、祭のロマンと感動を皆様方と共有する喜びを分け与えて頂きました。鈴木亮司会長はじめ見付天神裸祭保存会の皆様、そして地元でお世話になった多くの方々に心から御礼申し上げますと共に、これからも皆様の晴れ姿を激写して記録保存し、世界に発信することで、ご厚誼に報いたいと思っております。皆様方の今後益々のご発展ご健勝を祈念しております。有り難うございました。 2020.05.17 和田義男 〈 拝 〉

日本の裸祭り〈第234集/105種〉「見付天神裸祭'19」

撮影・制作 : 和田義男

   令和2年(2020)05月17日 作品:第2作 画像:104(大101+小3) 頁数:4 ファイル数:212 ファイル容量:106MB 
  
平成12年(2000)〜令和2年(2020) 作品数:534 頁数:2,203  ファイル数:103,123 ファイル容量:25,806MB

2018年3月13日(金)晴

■■■ DVD写真集「鐵砲洲寒中水浴」完成! ■■■ 

▼ このたび、2005〜2020年の記録を収めた永久保存版DVD写真アルバム「鐵砲洲寒中水浴」が完成した。

このDVDをMS-Windows対応パソコンのディスク・ドライブに挿入すると、お江戸日本橋などのBGMが流れるなか、解説文を含む1495枚の画像が5秒毎にディスプレー一杯に映し出される大迫力のスライドショーを楽しむことができる。上映時間は127分。画面にはコントローラーが内蔵されているので、好きなところで止まったり、スキップしたりして、自由に楽しむことができる。最大A3サイズまでプリントすることも可能。

原作: http://wadaphoto.jp/maturi/sui201.htm   

1枚2000円でお分けします。

○ ワダフォト本店 http://wadaphoto.jp/maturicd0.htm#鐵砲洲 
○ Yahoo!店 https://store.shopping.yahoo.co.jp/wada-photo/09.html 

スライドショーDVD「鐵砲洲寒中水浴50-65」


2020年3月5日(木)晴

■■■ 「鐵砲洲寒中水浴'20」完成! ■■■ 

▼ 令和2年(2020)1月12日(日)、東京都中央区湊一丁目に鎮座する鐵砲洲稲荷神社(中川文隆宮司)で氏子青年部「弥生会」(大井真二会長)の運営により第65回寒中水浴大会が開かれ、72歳10ヶ月の筆者は、群馬、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、広島、福岡の8都県と米国ハワイから集まった全国連和田グループ第十期18名(うち新人7人、女性6人)の代表として、12度目の初禊を行った。 
 
 今年の水行参加者は108人。最年長は和田グループの和久井哲男さん(84歳、さいたま市)。男性は越中褌、女性は白衣という統一された禊装束の参加者たちは、板橋氷川神社宮司・篠直嗣道彦の指導のもと、神社一周の褌ランニングや鳥船で身体を温めた後、二陣に分かれ、神前に設置された円形水槽に三度浸かって、新年初の寒禊を行った。

吉田好幸
 
撮影

 吉田好幸 よしだよしゆき

 
昭和24年(1949)3月13日生(71歳)
元防衛事務官
住居: 福岡県宗像市
(むなかたし)
趣味: 硬式テニス(中級と上級の間)
    読書(本を積み上げるのが得意)

あとがき

令和2年1月12日、弥生会の半纏をお借りし、 和田グループ専属写真班として弥生会広報部小林豊一さん・星宏幸さんと共に鉄砲州稲荷神社の寒中水浴大会を撮影させて頂きました。
 
 約百名の参加者たちが真新しい越中褌と鉢巻を締め、神前に設置された円形水槽の回りに集合し、白衣の女性陣が前列に誘導されました。中川宮司の挨拶が終わり、道彦の篠宮司の指導により、神社一周のランニング〜鳥船(とりふね)〜雄叫(おたけび)〜雄詰(おころび)〜気吹(いぶき)と呼ばれる神道の準備運動がたっぷりと行われました。
 
 いよいよ本番となり、寒空の中、厳しい表情の参加者たちが二班に分かれて交互に三度冷水に身を沈めました。半纏のお陰でかぶり付きの好位置で夢中でシャッターを切りました。中には五回も水浴された方もおられたので驚きました。水浴後、参加者の方々の表情から三者三様に何かをやり遂げた満足感と清々しさが感じられ、厳しい禊を終えた行者たちの心情に感動しました。
 
 湊湯で身体を温めた後、和田グループは、湊コミュニティルーム二階で直会をやりました。ハワイ在住の菅原さんのご友人6名の女性も途中から参加され、場が華やぎました。彼女たちは、菅原さんの活動に賛同して、自然・環境問題・子育て支援等について活躍されているとのことでした。直会では、水浴十回達成の方々に和田代表から記念品が贈られました。時間制約のあるなか、全員が思い思いに自己紹介や水浴後の感想、祭りへの思いや地域社会への繋がりなど、楽しい語らいの場となりました。特に、菅原さんが取り組んでおられる地球上の環境破壊に対する活動が話題になり、考えさせられました。令和3年は、最初から和田グループに女性の方々が加入されることになりました。海外にもその名を知られるようになった鐵砲洲に押し寄せた多くの報道陣や初参加の女性たち。65回という長い伝統を積み重ねた鐵砲洲寒中水浴には、今年も多くの出会いと感動がありました。

★☆★彡

感動写真集〈 第231集 〉日本の裸祭り<第233集/105種>「鐵砲洲寒中水浴'20」

撮影・原作:星宏幸 & 吉田好幸  監修:和田義男

  令和2年(2020)3月3日  作品:第1作 画像:86(大84+小2) 頁数:4 ファイル数:181 ファイル容量:82MB 
 
平成12年(2000)〜令和2年(2020) 作品数:533 頁数:2,199 ファイル数:102,911 ファイル容量:25,700MB

【編集子が選ぶ名作】                  名作アニメーション

全国唯一・神前の寒禊 / 鉄砲洲稲荷神社(東京都中央区湊一丁目)

拡大写真(3000X2500)1.25MB

■ 編集後記 ■

和田グループの半纏を着た和田代表
● 新型コロナウィルスのニュースで毎日が明け暮れる本日、令和2年(2020)の第1作となる「鐵砲洲寒中水浴'20」が完成した。千葉県浦安市の三木芳樹さんに誘われて鐵砲洲の取材を始めて16年、今年も多くの方々のご支援により、ひと味違った作品を仕上げることができた。
● 平成20年(2008)1月13日(日)第53回寒中水浴大会で、還暦記念の赤褌水浴を行って以来、今回で12度目の寒中禊となった。寒さ厳しき曇り空の下で、和田グループ第十期18人(男12名・女6名)の代表として氷冷水に浸かり、心身を一新して新年のスタートを切ることができたことは、望外の喜びである。
● 写真の中で、和田爺だけが笑顔を浮かべていたのは、昨年体調を崩して長期静養を余儀なくされ、参加できなかったため、今年、無事に復活できた喜びによるもので、実際は、ひたすら全身を襲う寒さと痛みに耐えていたのである。
 自分が笑顔で寒禊をしていたことは写真を見て初めて知った次第で、決して気持ちが緩んでいたわけではない。友人、知人、後輩が次々と鬼籍に入っていく中で、72歳10ヵ月の老齢者が厳しい禊に復帰できたことが嬉しかったのである。
● 人生百年時代に入った昨今、少子高齢化による働き方改革が叫ばれるなか、元気な和田爺が7年間に及ぶ毎日が日曜日の生活を返上し、昨年4月から三度目のサラリーマン生活に入ったため、編集時間が短くなり、3月に入ってやっと今年の第1作が完成するという事態になっている。現在多くの出番待ちの作品が編集を待ちわびている状況だが、これからも無理をせず、人生を楽しみながら創作活動を続けて行きたいと考えているので、どうか御期待願いたい!
  年新た褌新たに鐵砲洲  北舟 

としあらた ふどしあらたに てっぽうず

The New Year, gathering at Teppouzu wearing a new loincloth.
 

 
■ 謝 辞 ■

 
 中川文隆宮司はじめ鐵砲洲稲荷神社の皆様、日本一の道彦・板橋氷川神社・篠直嗣宮司様、大井真二会長はじめ弥生会の皆様敬神婦人会の皆様禊会場や昼食を準備し後片付けをされるなど寒中水浴を支えて下さった皆様、警察・消防の皆様、大勢の観客の皆様、新聞、テレビ、ラジオなどの国内外から来られた報道陣の皆様その他寒中水浴にかかわって下さった皆様本当に有り難うございました 特に今年も弥生会報道部の小林豊一さんと星宏幸さんから素晴らしい写真をお送り頂き、鐵砲洲寒中水浴'20が更に光り輝くものとなりました。多くの皆様方のお陰でこの作品が生まれました。衷心より御礼申し上げます。
 今年も和田グループは、弥生会のご好意により、湊コミュニティルーム二階で約二時間にわたって水入らずの直会を開くことができました。大井会長の心温まるご好意に重ねて感謝申し上げます。〈 拝  〉
 その後、有志が石川邸にシフトし、故石川辰夫前会長と御母堂様のご冥福を祈念してご焼香させて頂いたあと、御仏壇のそばで、在りし日の故人を偲び、ご友人やお姉様と想い出を語らい、楽しいひとときを過ごさせて頂きました。これからも元気である限り、毎年石川邸を訪れ、御世話になった故人を偲び、ご遺徳に感謝申し上げたいと思っています。〈合掌〉
 
■ 全国連和田グループ十期生の皆様 ■
 
 
真新しい禊褌をキリリと締めた皆さん、今年も和田グループ参加者全員が他の模範となる寒禊を見事に完遂して頂き、誠にご苦労様でした。特段の事故もなく成功裏に終わったことは大変喜ばしく、皆様方のご協力に感謝致します。
 我々は寒中水浴の導きを賜る生徒であり先生は中川文隆宮司と篠直嗣道彦です。そのため毎年○期生と呼称します。両先生方のご指導により、日本で一番素晴らしい神前での寒禊を経験できたことを誇りに思います。
  
 今年和田グループ10周年の節目を記念して、10年以上の参加者5人の方に和田爺謹製越中褌「長寿」を進呈させて頂きました。これからも参加者全員のご健勝と長寿を願って該当者に長寿褌をプレゼントして行きたいと考えています。
 
 今年は、ハワイから来られた菅原真樹さんの活動に賛同される女性6人が和田グループに飛び入り参加され、明るく華やいだ直会となりました。来年からも参加して頂けるということなので、今から楽しみにしています。(^-^)
 
 この歳になって思うことは、皆様のお元気な笑顔が何よりの宝であり誇りだということです。これから一年間、清々しい気分で己の信じる道を邁進して頂き、お元気でご活躍されんことを心より祈念しております。来年もご友人を多数お誘いのうえ、是非ご参加頂くようお願い申し上げます。〈 完 〉
 
                                      2020.3.5 デジタル写真家・弥生会会友 和田義男

2020年1月日(水)晴

■■■ 謹賀新年2020/Wa☆Daフォトギャラリー ■■■

 令和弐年(2020)庚子(かのえね)の年頭に当たり、和田フォトファンの皆様に年賀状を作成した。(年賀葉書は、昨年廃止した。)

2017年3月6日に古稀70歳の誕生日を迎え、今年73歳となった。2018-19年の冬場に体調を崩し、静養していたが、すっかり復調し、2019年3月東京都羽村市にアトリエを構え、2019年の令和元年5月1日に再々就職し、仕事柄毎日1万歩を歩く日々となり、体年齢は57歳と若返った。

毎日が日曜日の生活は7年で終わったが、働くことで気力体力が回復し、まだまだ若い者には負けない。今年もロマンと感動を求めて愛機 OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII とともに旅を続け、Wa☆Daフォトギャラリー http://wadaphoto.jp とフェイスブック https://www.facebook.com/yoshio.wada.12 に名作をアップし、世界に向けて日本の誇る裸褌祭を発信してゆきたい。

この活動は、私に与えられた天職であると考え、ライフワークとして続けてゆく所存。どうか今年も旧年同様、引き続きご支援ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げる。〈 拝 〉

添付写真:2019.7.21 津屋崎祗園山笠 全国連和田グループ第五期代表の晴れ姿
2020nenga.jpg 拡大写真: http://wadaphoto.jp/images2/2020nengal.jpg  

年賀2020


特集!旅紀行(海外写真集)

 

世界の名城

感動写真集

旅紀行ジャパン   奉納相撲   多摩川紀行
旅紀行日本の祭り 旅紀行日本の裸祭り 旅紀行日本の花
Login Time
 

 

 

今 日

 和田フォトギャラリー

昨 日

リンク フリー のサイトです。 リンクの際は ご一報いただき、リンク用バナー お使い下さい。
写真を個人で楽しむのは 自由ですがホームページや商用等に使用する際は ご連絡下さい。

 Copyright (C) 2000-2020 Yoshio Wada. All Rights Reserved. 

ホームページお知らせお便りコーナー俳句・海の風景ホームページ奮闘記作者のプロフィール